リンパマッサージのやり方

むくみをとるには、リンパマッサージがとても有効です。
それでは、リンパマッサージの正しいやり方をみていきましょう。

・リンパマッサージが有効な理由

ひとつ前の記事でご紹介した通り、リンパ管には心臓のようなポンプ作用がついていません。ですので、きちんとリンパ液を流すためには、十分な運動をしてあげる必要があります。しかし、女性のライフスタイルを考えると、なかなか運動の機会というのはつくれないのも現実。そこで有効なのが、リンパマッサージです。
動力を持たないリンパですが、運動のほかに、外界からの刺激でもリンパ液を流してあげることができます。リンパマッサージで、正しくリンパ管を刺激してあげれば、滞っていたリンパの流れが活発になり、むくみをとることにつながるのです。

 

a0002_008684

・リンパマッサージのやり方

まず、“マッサージ”という言葉からイメージする、筋肉をグリグリと揉みほぐすという動作は忘れてください。リンパ管は、皮膚のすぐ下を通っています。このリンパ管を刺激して、リンパ液を流してあげればよいのです。

 リンパマッサージは“揉む”ではなく“さする”という程度の弱い圧力で刺激しましょう。強い力はいりません。手のひらでやさしく、リンパ液を流してあげればいいのです。

・リンパの流れる方向

リンパマッサージでリンパを流してあげると言っても、逆方向に流していては無意味ですよね。リンパマッサージは、さする方向がとても重要です。

リンパは、手や足の先から、最終的に心臓に老廃物を集めてきます。ですからリンパマッサージをする場合は、末端から心臓へとリンパ液を流すことを意識してさすればいいのです。

入浴時や入浴後の体が温まっているときには、リンパが流れやすくなっているので、さらに効果的です。

リンパマッサージのススメ
リンパマッサージでリンパの流れをよくしてあげることで、溜まっていた老廃物がきちんと排出され、むくみを解消・予防することができます。

マッサージを始めて、すぐに目に見える効果が表れるわけではありませんが、毎日続けることで確実に美しいボディライン、細い太ももへと近づきます。あなたも、リンパマッサージを始めてみましょう