正座によって太ももが太くなる理由

「正座をすると足が太くなる」と言いますが、これは本当なのでしょうか。正座で太ももが太くなってしまうメカニズムをご説明します。

・正座をすると足が太くなる

日常の中には、太ももを太くしてしまう要因がたくさん潜んでいます。その中でも有名なのが「正座をすると太ももが太くなる」というもの。一説では、欧米人に比べて日本人の足が太いことにも関係すると言われています。

40

 一見、嘘か真実かわからないこの因果ですが、実はきちんとしたメカニズムで説明することのできる事実なのです。なぜ正座をすると太ももが太くなってしまうのか、その理由をみていきましょう。

・自重による血流の滞りが原因!

正座をしているときには、次のようなことが起こっています。

 正座により、自分の体重が太ももとふくらはぎに全てかかる

 脚全体の血流が悪くなり、リンパも滞る

 脚に老廃物が溜まる

 むくみやセルライトの原因になり、足が太くなる

自分の体重で圧迫することで血行が悪くなり、それが原因で脚が太くなってしまうんですね。言われてみればその通りなのですが、つい床に座るときはクセで正座してしまいますよね。意識して直していきましょう。

・脚のシビレは神経障害

正座を長く続けていると、ピリピリと脚がしびれてきます。このシビレは、血行が悪くなったことが原因で知覚神経が麻痺してしまっている表れなのです。神経には運動神経と知覚神経があり、それぞれ次のような役割を担っています。

運動神経

 筋肉を動かし、運動するために使われる神経。身体を動かす時に不可欠。

知覚神経

 「痛い」や「熱い」といった感覚を感じる神経。シビレはこの知覚神経の麻痺が原因。

正座のあと足に力が入らなくて立ち上がれないですよね。知覚神経が麻痺しているということは、運動神経も麻痺しています。運動神経がはたらかないと、筋肉を全く動かすことができません。運動不足よりもずっとひどい状態で、まさにリンパを詰まらせる原因です。

・まとめ

床に座るとつい正座をしてしまいがちですが、これは太ももダイエットの大敵です。正座をしなくてはならないフォーマルな場以外ではなるべく正座は避けるようにしましょう。