太ももの筋肉太りの仕組み

筋肉がついているせいで太ももが太く見えてしまうとお悩みのあなた。その筋肉太りは、自分で思っているよりも深刻なものかもしれません。筋肉太りの仕組みと解消方法について、ご紹介していきます。

4266104575_0b27157a84

・太ももが筋肉のせいで太い

“筋肉太り”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。太ももの周りの筋肉が発達しすぎて、太く見えてしまうというのが筋肉太りです。学生のころにハードな部活をしていたり、昔スポーツが趣味だった人に意外と多く、お悩みの方もたくさんいると思います。

脂肪によって太っているわけではないので、ダイエットしようにも食事制限やエクササイズは逆効果かもしれないと思って、放っておいていませんか?ご安心ください。筋肉太りにも、きちんと改善法があるんです。

放置は厳禁!
そしてこの筋肉太りは、放っておけばそのぶん、深刻になっていきます。時間がたてば筋肉は勝手に落ちるんじゃないの?と思っているのなら大間違い。そもそも、スポーツをやめてから何年も経っているのに落ちないのは、おかしいですよね?

「筋肉の引き締まった脚は健康的だ」なんていいますが、この筋肉太り、実は現役でスポーツをしている筋肉とは似て非なるものなのです。

・筋肉太りの実態

かつての激しい運動で筋肉が発達する

スポーツをしなくなる

使わなくなったことで老廃物が溜まり、カチカチの筋肉に!

筋肉太りの人についている筋肉は、なめらかで伸縮性のある筋肉ではありません。トレーニングや運動で大きく発達したのに、使われなくなったことで血流が不十分になり、老廃物の溜まったいわゆる“筋肉の死がい”なのです。

力を入れても、健康な筋肉のように活発に動かず、力も弱いというのがこの筋肉の特徴。見た目では力が強そうなのに、実際はそうでもないというあなたは、まさにこのタイプです。

 長年の運動不足が、いつの間にかこんなにも厄介な存在を生み出していたのです。

・筋肉太りの解消のためには

筋肉太りの解消のためには、このカチカチの筋肉をどうにかする必要があります。そのためには、柔らかい筋肉と固い筋肉、小さい筋肉と大きく発達した筋肉の違いを知りましょう。次の記事≪太ももの筋肉太りの元凶!筋肥大と筋肉の仕組み≫で、筋肉の発達の仕組みについて一緒に見ていきましょう。