骨盤矯正ベルトのタイプ別使い方

骨盤矯正ベルトには様々な種類があり、使い方も違います。エクササイズの時につけるタイプのものや、1日中つけていられるものなど、その種類をご紹介します。

・骨盤矯正ベルトで骨盤の位置を正しく戻す!

骨盤のゆがみ解消グッズとして最も有名なのが、ズバリ骨盤矯正ベルトでしょう。腰回りに巻くだけで、骨盤のゆがみを解消できるという優れものです。しかし、この骨盤矯正ベルトには、様々な種類があり、使い方も違うということをご存知でしょうか?
4308903859_f67f74e5e6

・骨盤を締め付けて正しい位置に戻すタイプ

最も多いのが、この締め付けによるゆがみの解消をしてくれるベルトです。腰回りを太いベルトで締め付けることで、本来の位置からズレてしまっていた骨盤を、正しい位置に戻してくれるのです。内臓の位置も正しく改善されるので、一時的にぽっこりおなかも解消します。

しかし、これはあくまでも一時的な効果。ベルトによって戻った骨盤の位置は、またベルトを外せばズレていってしまいます。それでは、ずっとベルトを着けていればいいのでは?と思いますが、そうもいきません。

 このタイプのベルトを長時間つけていることで、腰回りの筋力が低下したり、締め付けによって骨盤が痛んだりしてしまうのです。効果は短期的ということですね。

・長時間つけていられるタイプ

これは、短時間用よりは締め付けが弱く、1日中つけていられるベルトです。長時間つけ続けることで、少しずつ骨盤を正しい位置に戻してくれます。腹巻のように、腰回りの保温や血行をよくすることにも重点が置かれています。

 長時間装着可能とはいえ、こちらもあまり付け続けると、腰の筋力が低下することに。ですので、最初は1日中つけていても、だんだんと装着していない時間を増やしていき、骨盤ベルトを着けずとも骨盤に負担をかけない姿勢で生活できるように習慣づけていきましょう。

・ベルトを巻いてエクササイズするタイプ

骨盤のゆがみを自分で矯正!骨盤体操のやり方≫でご紹介したような体操の際、その体操の効果をいっそう高めてくれるのが、このタイプのベルトです。毎日決まった時間に着用し、付けたままエクササイズをします。

yoga_sankaku

 ベルトを巻くことで、骨盤体操の効果が格段に上がり、ゆがみを迅速に改善することができるのです。

・まとめ

骨盤矯正ベルトといっても、様々なタイプがあることがお分かりいただけたと思います。自分に合った骨盤ベルトを選んで、ゆがみを矯正してくださいね。