骨盤のゆがみの原因と予防法

骨盤がゆがむ原因は、日常に潜んでいます。
ゆがみの原因を知りましょう。

15

・骨盤のゆがみは日常生活で改善できる!

骨盤のゆがみが太もものむくみを引き起こすのは≪痩せない理由は骨盤だった?!骨盤と太もも痩せの関係≫でご説明したとおりです。それでは、骨盤のゆがみというのはどうやって生じるのでしょうか?

 骨盤がゆがむ原因は…?

 それは、日常生活でのちょっとした“バランスの悪さ”の組み合わせです。大きな負荷を極端にかけるわけでなくても、ついクセでバランスの悪い負荷を体にかけてしまうことが繰り返されると、体を支えている骨盤にしわよせがいくのです。

そんな、骨盤のゆがみを引き起こす日常の気を付けるべき動作をご紹介します。

・こんな動作は骨盤のゆがみの原因

 長時間、椅子に座る生活をしている
 脚を組むときに、右脚(左脚)がいつも上にくる
 右手(左手)ばかりでいつも荷物を持つ
 ヒールの高い靴をいつも履いている
 おなかを突き出した立ち方をよくする
 おなか周り・腰周りの筋力が弱い

この他にも、姿勢が悪かったり、首をいつも同じ方向に傾げるクセがある人も要注意。
こうしたちょっとしたクセや生活習慣の積み重なりが、骨盤のゆがみを引き起こしてしまうのです。

 

さらに、テニスや弓道などのように、体を使う左右のバランスが悪いスポーツをしている人も、骨盤がゆがんでいると考えられます。スポーツは体にいいイメージなのに、ちょっと意外ですよね。

・骨盤のゆがみを予防するには

 骨盤のゆがみを予防するには、上で紹介した“バランスの悪さ”を、自分で意識して直していくことが重要です。いつも右肩にカバンをかけているのなら、たまには左肩にかけてみるとか、脚を組むときにときどき左右を組み替えるなどです。

最初は違和感を感じるし、やりにくいかもしれません。人間の体に染みついたクセというのは、そう簡単に治るものではありませんからね。けれども、同じ習慣を続けていても、ますます骨盤をゆがませるだけです。

細い太ももを手にするためには、こうした小さな心がけからはじめましょう。