むくみを予防してくれる栄養素

むくみを予防するためには、どんな栄養を摂ればいいのでしょうか。
食生活でむくみを改善する方法をご紹介します。

3773953521_3cdec661eb

・塩分を摂りすぎない

日本人の食生活は、塩分過多になりがちです。特に女性でダイエットをしている人は、糖分を控えたり、食事量を制限することによる物足りなさを感じているので、塩分を摂ることで満足感を得ようとします。しかし、この塩分こそがむくみの原因なんです。

なぜ塩分を摂ると身体がむくむの?
塩分を摂取すると、体内の塩分量が上がります。身体は塩分濃度をなるべく一定に保とうとしますから、そのぶん水分を蓄えるのです。こうして身体に水分が溜まり、むくみが引き起こされます。

・カリウム・マグネシウムを摂る

カリウムやマグネシウムなどのミネラルには、血液中のナトリウム(=塩分)の濃度を調整してくれるはたらきがあります。塩分濃度が高すぎると、余計な塩分の排出を促してくれるのです。ミネラルはむくみ対策の強い味方です。

カリウム・マグネシウムは何に含まれているの?
カリウムもマグネシウムも、大豆やアーモンドなどの豆類や、のり・わかめといった海藻類に多く含まれています。サプリメントなどでもいいので、きちんと摂取するようにしましょう。

・ビタミンB群を摂る

ビタミンB群には、新陳代謝をよくしてくれるはたらきがあります。身体の各部分にエネルギーを供給し、溜まった老廃物を排出するという最も重要な役割を担っているのがビタミンB群なのです。

ビタミンB群は何に含まれているの?
ビタミンB1は玄米や大豆に含まれています。ビタミンB2はレバーやチーズに多く含まれます。ビタミンB6はカツオやマグロなどに含まれています。どれも意識しなければ不足しがちな食べ物ですので、むくみ予防のためにも積極的に食べましょう。
一番大切なのは…
むくみ予防に重要な栄養素について書いてきましたが、この栄養素だけ摂取していればいいわけではありません。

一番重要なのは、偏った食生活にならないように、栄養バランスを考えた食事をすることです。むくみのない美脚とほっそりした太ももを目指して、バランスのよい食生活を心掛けましょう。